日本一の山!!

 8/28(日)・8/29(月)

日本一高い山! そぅ、富士山に登ってきました♪
静岡県に住むとなってから
絶対一度は登ってみたい!!と思っていました。

しかし実をいうと、計画に乗ったのもわずか1週間前という
富士山をなめてるのか!?ともとれる無計画&無謀さ


22:30頃に5合目から登り始めた私たち。
ゴーゴー!
よじ登るような山道もなんのその。
出だし好調です

が、その道…正規ルートではななかったようで
めちゃくちゃ険しい道をしょっぱなから登り始めてしまう
っていうハプニングがありました
ひゃぁ〜。

まぁ、ひたすらマイペースを貫き
そして
ひたすら無心で登りました

登る途中で見た満点の星空
ホントに素敵すぎ。流れ星もたくさんだし

登山自体が初挑戦のわたしでしたが、
登っている途中は、足はパンパンだし空気は薄いしで
あたしの体力の限界ってここなのかな?なんて感じたり。
けど、ものすごく疲れてるのになぜかものすごく楽しくって
登山にハマっちゃう人の気持ちもすこーしわかったような★

         a.m.4:32

朝になって明るくなってきたときの1枚
お気に入りです

そして、
時間はかかったけどちゃーんと登り切りました
念願のご来光


 

頂上記念の証拠写真



みんなちょっとお疲れモードですね

ホントに良い経験が出来ました

| リラクゼーションスペースカルミア | 17:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
台湾旅行

YUKIさんおかえりなさい♪

台湾旅行へと出かけていたゆきさんが
今朝、日本に帰国しました!

で、その足で本日の占い鑑定のお仕事をするべく
カルミアに来て下さいました
…すごく大きなスーツケースを抱えて


すごく充実し、勉強になった旅だったようで
YUKIさんが、スッキリ…なんだかふっきれた(?)
感じの印象に思いました☆

台湾旅行
興味のそそられる話で私も行ってみたくなりました


 YUKIさんからカルミアと床上手にお土産頂きました
わーぃ
ごちそうさまです



| リラクゼーションスペースカルミア | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
カル床 忘年会

12/13(月)
カルミアと床上手の5人で
静岡市〜向かうは久能山東照宮。

日本平からロープウェイに乗って、
紅葉を眺めながら久能山へ到着。

境内の中は
灯篭や三つ葉葵の紋が至る所にあり、
建造物も素敵な感じで…

ちょうどツアーのガイドさんがいたので
便乗して説明聞いてました(笑)

日本の歴史を感じました.






そして!!
伊豆は伊東温泉へ、

その前に海鮮丼♪
海の幸と〜地ビールを満喫

うに・いくら・あじ・まぐろ・サーモン…
幸せなひと時

が、
連日睡眠不足がたたり…
半分を過ぎたあたりからギブ

けど、ボリューム満点で
とーても美味しかったです

そういえば、
芸能人の色紙がたくさん飾ってあったなー



 

一泊二日の忘年会は
なかなか濃い〜旅となりました♪

| リラクゼーションスペースカルミア | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
カル&床 忘年会♪

 明日、カルミア定休日を利用して
カルミアと1Fの床上手さんと
合同の忘年会に行ってきます!!

なんと!
集合は7時半☆
めちゃめちゃやる気満々です♪

この報告は…
また後ほどいたしますね〜

| リラクゼーションスペースカルミア | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
撮られたから撮りかえした。


昨日、今日とたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
まだまだ〜コメント待ってます。

そうそう、

大分の話はおしまい、と書きましたが、ひとつ書き忘れていました。
浜松に帰ってきてからの話ですが。

23時、新幹線を降り、浜松駅から駐車場までスーツケースをひっぱりながらトコトコ歩いていました。
んも、早く帰ってお風呂入って寝たい。
トコトコじゃなくて、ズンズン歩いていました。


新浜松駅の下。

時計かなんかのモニュメントがあるところ。

路上でなにか売っていました。


基本的にそういうのに立ち止まることって、まずないんです。
しかもめっちゃ早く帰りたかったし。

なんでかな、わからんけど私は立ち止まりました。
手作りのミサンガが100以上並んだその路上のお店。

お兄さんに話しかけられ、本当のミサンガの話を聞きました。
切れたら願いが叶うなんてうそだって。
もともとは結婚の誓いに使われてたんだって。

世界中・日本中をミサンガを売ったお金で旅している話。
いつか、お金を貯めて障害を持ったひとのための施設を作りたいんだと。
(案外儲かるらしい)

ご縁だから、とオーダーでミサンガを作ってもらうことにしました。
通常500円が今なら290円。
安いよねぇ。

10分ほどかかるというので、私も自分の話をしました。

するとそのお兄さんが一言、


「おじいちゃん、心配してますよ」


・・・・・・・なんですって?

おじいちゃんが見えるらしい。
おじいちゃん・・・・・正男か?


たしかに


たしかに


たしかに


私を一番気にかけてくれているのはじーちゃん。

びっくりして、泣きそうになってしまった。


ミサンガが出来上がった頃、よっしゃ帰るわ〜と立ち上がろうとしたら、お兄さんに声をかけるお兄さん。

どうも会社をクビになってしまい、仕事を探したけれどなくって、パチンコの面接にも落ちて、実家(四国)に帰らないけんのだけど、実家には肉親がいなくて、しんどくてしんどくてしょうがないらしい。

帰るとこだったけど、流れで3人で語りこむことに。

分かりづらいので、ミサンガ兄さんと解雇兄さんとわけますが。

解雇兄さん、けっこう大変な人生を歩んでこられたようで、それでも今が一番しんどいと。
私基本シャンベなんて、解雇兄さんと私とがしゃべってる状態が続きます。


今なら地雷処理の仕事だってできるわ・・・・


とぽろり言った時、ミサンガ兄さんが口を開きました。


僕、カンボジアに行った時ね。

銃に囲まれて、殺されそうになったんです。

その時、失禁して失神して、気付いたら車のなかだったんです。


ミサンガ兄さん、本当に言いたかったであろうことは、具体的には言いませんでした。
それは私も解雇兄さんに言いたかったこと。

解雇兄さんに伝わったかは・・・・・わかりませんが。

1時間以上話したと思います。
ミサンガ兄さんは解雇兄さんに言いました。


旅にでろ、と。


ミサンガ兄さん、ちょっとだけ就職したけど、あとは旅して生きてきた。
価値観が変わるなんて言葉じゃない、すごいことが待ってるから。


って言ってた。







ちなみに


解雇兄さん28歳、

ミサンガ兄さん43歳。


きっと二度と会うことはないであろう兄さんたち。
一期一会、でした。

作ってもらったミサンガは、大事にするよ。
(付けっぱなしにするもんじゃないらしい)

変な天気に翻弄されていますが、GWはどうなんじゃ?
花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
死んだように眠るゆとり。


うんとこどっこいショーと家についた私の目に入ってきたもの。






白豚1匹、名はノビヨ。


つんつんしても動かない。

もみもみしても動かない。

ダッフィーをずるずるっと引っ張り上げ、携帯をとったら、


「ぶひ〜ぶひぶひ〜」


と怒った。

私でも信じられないような生活リズムのゆとりの子。
(夕方寝て夜起きてそのまま朝学校行く、の繰り返し)
見ていて本気で腹が立ちますが、のれんに腕押し。
こたつの中に、日本の未来への不安を見ました。
こんなんばっかだったら、日本は腐れてしまうんじゃないかと思います。
いや、マジで。

ちなみに私はノビヨにいい勢いでうざがられており、実姉に言われたのが、
「アンタは昔から哺乳類に嫌われていた」
と。

・・・そうかもしれない。

あずまんが大王の榊さんみたいなもんだ。
しょーがネェ。

うざくてごめんね♪ノビヨたん♪

さて、今日で大分の話はおしまいです。
これからまた別府へ行ったりなんやりしたんだけど、それはまた、別の話にしておきます。

週末は天気が少し戻りそうですが、みなさんのご予定はなんですかー。
予定にカルミア、いれてください。

花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
母孝行。


大分市から別府観光を経て、浜松を出てから約30時間後、ようやっと実家に着いた私。
友人Sと会う約束をしていたので、母妙子にそのことを伝えると。

「何時に帰ってくるんな?」

そりゃー知らん。
雰囲気。


「おかーさん、ちょっと出らないけんのじゃけど」

おい。
私家のカギもってないです。

どこに行くんな?


「湯布院」

はい、一緒行くわ。

Sと一緒に湯布院に行くことに。





湯布院といっても、金鱗湖などがある栄えているところにではなく、塚原高原にあるログハウス。
母妙子はそこの掃除に行くというので、手伝いがてら行くことにしました。

昼下がり、いい感じの天気。


私、ここ好きなんだよなぁ。
はだしでぺとぺと歩き回るのがいい。






前に帰った時、友達連れてここでバーベキューしたの。
本当に降るような星空が見られるの。




ログハウスって、機能性には欠けるのかもしれないけど、いつまでもいつまでもなんにもせずにいられる空間。
温泉もあるんだよ。









湯布院は盆地のせいか、少し寒いんです。

冬はスタッドレスタイヤが必需品になります。
外は風が吹いててちと寒い。
ヒーターは微妙にぬくとくない。

妙子がわさわさなにかやってたので、私とSは暖炉に火をいれることにしました。

火遊び最高。
オネショするかも。

ふいごをびゅうびゅうとふかして、ぼうぼうに火をおこしました。
ぬくい。





ふいごがえらく気に行った私。
えへへへへへへへへー
ってやってたらSの一言。

「けいちゃん、ここやったら灰飛ぶけな」

さすが。
やろうとしてたよ、そのポイント。

調子にのる私をよく知っている。
ナイスサポート。

まぁそのサポートむなしく、暖炉周りは灰でまっしろけ。
ちゃんと自分で掃除機かけたよ・・・・

もってきた紅茶と宇佐ロール、パエリヤをテラスで3人でいただく。
Sの複雑でおもしろい家庭環境にやいやい親子で突っ込みながら、時間はすぎます。


Sが食器洗い、妙子が掃除をしている間、私は由布岳をのぞんでいました。


私は由布岳が好きです。

おおきくて、包んでくれそうな由布岳。

大分に帰る時はたいてい必ず湯布院に行くので、よっ、久しぶり〜な感じ。

この塚原高原で由布岳を見られるのが最高の幸せかもしれない。

由布岳を見る時、いつも私は好きな人と一緒にいるからかな。










明日も大分の話。
宇佐に続く。

花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
地元を観光するの巻。


本当は式・披露宴・2次会と出席してから宇佐に帰るつもりだったんだけど、楽しくなっちゃったもんでみんなと一緒に大分市で1泊しまして。

そんで次の日に宇佐に帰るEちゃんとMにお願いして一緒に乗っけてってもらいました。

EちゃんもMも超かわいいのよ。
わたしゃあやうく食べちゃうとこだったね。



大分市→宇佐はこんな感じ。






そう、途中に別府があるのね〜。

おみやげを買いたかったので、お願いして別府に寄ってっちゃいました。

別府駅は一昔前は相当のサビレっぷりを呈していて、"ボロっちい"イメージしかなかったんだけど、なんだかきれいになっていました。

駅前名物

手湯


別府駅前の手湯


足湯ってたくさんあるけど、手湯ってあんまりないよね。
当然温泉です。
腐るほど湧いてんだもん、使わにゃね。

この手湯で3人で写真を撮っていたら、大分のおっさん。

「こりゃ〜ず〜っと湯がわきよんのかいのう」

私は・・・あんた地元んしじゃろ、知っちょろーえ・・・と心の中で思いつつ、・・・まぁ大分のおっさんはやっぱおもれーわ・・・とほくそえんでおりました。
しかし私の友達はほんと優しい。

「おいちゃん、一緒写真撮ろーえ!」

不思議な不思議な4ショットの完成。
私たち3人はお決まりの手湯してますポーズの間にピースのおっさん。
青いキャップがまぶしかったぜ。
残念ながら手元にその写真がないんでここで紹介はできませんが。

ちなみにこの手湯の隣には、別府観光の先人、油屋熊八の銅像があります。
サル付き。
日本で最初にバスガイドさんを考えたのも熊八さん。
すごいアイデアマンのお人です。
ちなみに愛媛県生まれ。

別府駅を後にして、大分の百貨店といえばトキハ。
別府のトキハといえばコスモピア。

ちょっとよろーえ!とコスモピア。
ここは相変わらずのサビレっぷり。
がんばれコスモピア。

ブランチにスタバへ。


コスモピアのスタバにて


大分にもスタバがあるなんて、都会になったもんじゃのぅ。
ソイラテをすすりながらシミジミ。
いや、前からあったかもしれん。
私がスタバを知ったのか。

「なんかかる」っち、他じゃ通じんよな〜
と大分弁トークに花を咲かせながら、見上げた先には別府タワー。









登っちゃう???



別府タワー



Eちゃん・・・・
M・・・・

そんなウキウキした顔せんで!!!!
私は宇佐で母妙子が待っちょんよ!!!!


そこから宇佐までの間も、どこそこに誰が働きよん、行っちゃう?どこそこでなにがある、行っちゃう?の連続。
こん子ら、本当にフットワークが軽いんだわ。
行くか!って言ったら本当に行くんだ。
楽しいやつらです。

2人に会ったのは卒業式?成人式?ぶり。
素敵な保育士さん・看護師さんになっていました。
私はどう見えたんだろうね。

メアドを交換して、我が家まで送ってもらって、バイバーイってしました。

Eちゃん、M、ありがとう!!
ブログ&ついったデビューも感謝!!
今度妙子に会わせちゃんわ〜(笑

改めて別府をめぐって思ったこと。

やっぱり別府は唯一無二。

ただの温泉地とは違うのだよ。

こんなのが当たり前にあって、誰も疑問に思わない街。






ほんと変だけど、ほんと楽しい。
温泉も素敵。

是非一度足を向けてもらいたいものです。

行く時はご一報を。
わけわからんスポット、大量に教えます。

明日も大分の話。
湯布院に続く。

花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
あと8日で31周年になる。

静岡で


再び


大地に立つ!!!!!












がんがんがーん


がーんだーむ。


お台場にいたこやつが静岡市にくるそうですよ。
タミヤの関係???
静岡だっけ???タミヤ???

ちょっと見たいです。

今日は祝日ですので、11:00~19:00の営業時間でございまーす!
お間違えなく!

花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛でる。
 旅行の話を熱く語って写真を見せびらかしていたら

食べ物と動物しかないじゃん

と言われました。


鋭いご指摘。
まさにそのとおりでございます。


食べるか愛でるの旅。
少々ご紹介しましょう。





奈良公園の鹿。

鹿せんべいをあげようとしたら、噛むわどつくわで恐怖を感じました。
でもこの子は舌をペロリのかわゆい子。
そう、鹿さんって天からの使いです。
多少かわゆくいてほしい。






六甲山牧場で放牧されている羊。








山羊。

(共に餌待ちの顔)


羊って初めて触りましたが、モッフモフ。
これは間違いなく暖かいよね。

ウンチョスで汚かったけど・・・・・





淡路SAの隣のPAの猫。


10匹近くがこうやってもっこりしてました。
多分ファミリーで、こんな柄か黒いのばっかり。
慣れているかと思いきや、めっちゃ逃げられました。
残念。


そして






東大寺で宍戸錠。



門をバックに自分のオートバイの写真を撮っている人を発見。
それを写真に撮ってやろ!と撮ったこの写真。

とことこ追い抜かす時にチラリとみると、白髪混じりの渋いおじさん。
そして頬にキズ。

80%、宍戸錠。



あと馬も近くまで行ったけど、諦めたりしました。
なんにしろ癒されました。

飼うなら・・・・

やっぱ馬かな。

乗りたいし。


ちなみに小学校の卒業文集の私の夢


馬主。



花岡でした。

| リラクゼーションスペースカルミア | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/5   >>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Entry

Profile

RelaxationSpace KALMIA


浜松市中区幸町4-6-8  
住吉バイパス沿い 髪処床上手2F
地図はコチラ
053-476-8756
定休日 毎月曜日 第1・3日曜日 
営業時間 平日14:00〜23:00
    土日祝11:00〜19:00
メインホームページ
http://kalmia.total-r.net/
モバイルホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=kalmia8756

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode